3人目は一番特!

つーちゃん3才1ヶ月。
一番可愛い盛りなのかなと最近よく思う。
子供3人それぞれ可愛いけど、やっぱりつーちゃんは、存在そのものが可愛い。

言ってることも、やってることも微笑ましい。
よく喋るけど、ちゃんと喋れてない言葉もたくさんある。

お箸のことをオヤシ、手袋をプルケロ、仮面ライダーをカメヤマ、
ケチャップのことをペチャップ・・・などなど。

この前、「ドラえもんの絵描き歌」を歌いながらドラえもんを書いていた。
その歌もまともに歌えてないところが可愛い。

先週、七五三の前撮りの時、兄妹3人の写真も撮ってもらった。
3人改めて並ぶと、1人小さくて可愛らしい。
それでもイッチョ前に羽織袴とスーツを着ている。
お兄ちゃんは今ではすっかり少年だけど、こんな幼い時あったなぁと懐かしく思ったり。

家でもお兄ちゃんとお姉ちゃんに絡んでいって泣かされたり、たくましくなるよ。
きっといつまでたっても可愛い存在なんだと思う。

お兄ちゃんの時は1人目だったから、みんなから注目されて、
「可愛い 可愛い」
と育てられた。
一番特かなと思ってたけど、お兄ちゃんが3才の時は既にお姉ちゃんが産まれていて、
みんなお姉ちゃんの方に視線が向いていた。

そう考えると、つーちゃんは、いくつになっても可愛いがられ、一番特なのかも。
服はお下がりだし、写真も少ないし、どこにも遊びに連れ行ってもらえてないけど、
きっと一番特だと思う!

私もこの可愛さを十分堪能して育てたい。