近所に小さい子がいない、知り合う場がない

今日はよちよち会の日。
つーちゃん連れて行こうと思ってたけど、雨で風も吹いて寒いので、今回はやめることにした。
雨の中、小さい子を連れて出るのはとても大変。
連れて行ってるつもりで、午前中つーちゃんと家で遊んだ。

次回のよちよち会は2週間後。
よちよち会は月2回しかない。
唯一、同年代の子とかかわれる時間なので、週1くらいに増やしてくれないかな・・・。
毎週となると、それはそれで負担になってくるのかもしれないけど。

考えてみると、1人目の時は小さい時すごく恵まれた環境で育ててたなと思う。
当時ハイツに住んでいて、外に出れば同じハイツの子が遊んでて、毎日一緒に遊んでた。
2人目の時は、もうこの家に住んでて、近所に小さい子もいなかったけど、1人目の幼稚園の送り迎えに毎日連れていってたので、よその人と顔も合わすし、みんなそれぞれ下の子を連れてきているので、一緒に遊んだりもした。

つーちゃんは全くそういうことがない。
公園に行っても誰も来てないし(誰かいても人見知りで一緒に遊ぶわけでもないけど)。
よちよち会に来てる人もみんな言ってる。
近所に小さい子がいない、知り合う場がないと。

よちよち会の先生も言ってたけど、少子化はすごく身近なところまで来ている。
こんな時代にしんどい思いして3人も産んだのだから、国ももっと手厚く扱ってほしいと思ってしまう。
ちょっと話がそれたけど、子育てサークルみたいなのをもっと他にも探してみようかな。