きょうだい3人で公園に

今日は学校が卒業式で休みだったので、お兄ちゃんとお姉ちゃんが家にいた。
天気も良いし、みんなで公園に行くことにした。
車で20分ほど行ったところにある小さな公園に、ちょっと珍しい遊具があるらしいので、そこに行った。

うんていが、ちょっとねじれた形になっていたり、確かにちょっと変わった遊具ばかりがあった。

お姉ちゃんと一緒に公園に行くことはあっても、お兄ちゃんと一緒に行くことはまあ無いので、つーちゃんもちょっとテンション高かった。
お兄ちゃん、お姉ちゃんは、ちょっと大きい子向きの遊具で遊ぶ。
つーちゃんはまだそんなんできないのに、真似したがる。

危ないから私が体を持つと怒って、「放して!放して!」と叫ぶ。
お兄ちゃん達が走れば、つーちゃんも走る。
「もう危ないから走らんといて!!」

つーちゃんはいつもより楽しそうなのは良いけど、面倒見るの疲れた。

上2人は最初は公園行くの嫌がってたけど、
「つーちゃんの為に付き合ってあげて」とお願いしてついて来てもらった。
でも行ったら楽しかったらしい。

私も用事はいっぱいあるから、あえて公園には行きたくなかったけど、晴れの日で、しかも上2人休みの時に、つーちゃんを家で過ごさせるには罪悪感があって、忙しい思いをしながらも連れて行った。

でも3人とも喜んでくれたから行って良かった!
お兄ちゃんはこれからどんどん忙しくなるから、なかなか一緒に外で遊べる時がないかもしれないけど、また機会があれば行こう。